全身脱毛を利用するときの注意点には何があるか

バナー

全身脱毛を利用するときの注意点には何があるか

全身脱毛を利用するときの注意点として、日焼けで皮膚のメラニン色素を増やさないようにします。

色素に吸収される光を照射するため、皮膚のメラニン色素が多いと痛みが増したり、やけどの危険性があり、照射できないこともあります。

また、表面は黒くなくなっていても、皮膚内部ではまだ色素が多くなっていることもあるため、脱毛開始の1か月以上前から紫外線対策を行います。エステや医療機関を選ぶときの注意点として、予約が取りやすいかを確認しなければなりません。


人気が高いと予約が取りにくく、思うように通えないことがあります。
全身脱毛が終わるまでには時間がかかるため、その間に自己処理を行うのは問題ありません。

このときの注意点として、まず、毛を抜いてはいけません。照射を行う部位の毛を抜いてしまうと毛根がなくなり、光を吸収できないため、施術を受けても意味がありません。

照射を行うまで時間が空いている部位でも毛周期が狂ってしまい、脱毛効率が悪くなります。

そのため、自己処理は抜くのではなく剃るようにしますが、この方法も注意点があります。

カミソリは皮膚の表面を傷付け、肌荒れを起こします。



脱毛は皮膚に負担がかかるため、肌荒れが起きていると利用できません。


施術を受ける直前の自己処理では、負担の少ない電気シェーバーを使用します。


また、全身脱毛の利用期間中に体調を崩すなどして薬を服用した場合、施術を受けても問題ないかカウンセリングを受けるようにします。
光に過敏になり、皮膚トラブルを招くような影響が出ることもあります。

これから全身脱毛にチャレンジする女性に知っておきたい注意点をご紹介します。

まずは黒い部分は脱毛できないことです。
エステやクリニックで今主流の脱毛法は光を使います。



黒い色だけに反応して熱ダメージを与えるのがこの脱毛の仕組みなので、照射部にある黒い物は毛以外でも光の性質上反応してしまいます。

シミやほくろなどはもちろん、肌内部でメラニン色素が大量発生している日焼け後の肌ももちろん脱毛できないので、脱毛期間中の日焼けには注意です。


また、意外な注意点が生理中の施術が基本的にNGということです。
照射は肌へ多少なりともダメージを与えるので、脱毛は健康な状態で受けるのが基本となっています。

健康なら特に問題がない照射が、生理中という肌がデリケート状態で行うことで、普段ならあり得ない赤みや湿疹などの肌トラブルが起こる可能性が高まるからです。

それと全身脱毛施術当日にも注意点があります。それは身体を温める行為はNGということです。

熱によって毛根を破壊してお手入れを進めて行くので、肌は軽いやけど状態になります。


その状態で身体を温めると肌トラブルが起こることがあるからです。

飲酒や激しい運動はもちろん、入浴もやめた方がいいでしょう。ただどうしても気持ち悪いなら、照射部位はぬるいシャワーをかける程度なら問題ありませんし、肌に異常がなければ翌日からは入浴もかまいません。

全身脱毛は通常1年以上と長丁場になるので、こういった注意点を守って、肌トラブルなしできれいなお肌を目指しましょう。

全身脱毛を行うのであれば、エステサロンのフラッシュ脱毛や医療機関で行なわれているレーザー脱毛が効果的です。

痛みも少なく高い効果があり、しかも広範囲も短時間で施術を行なうことができます。全身脱毛を行うためにエステサロンやクリニックの利用を検討しているなら、その施術方法についてもよく確認しておきましょう。

カウンセリングの際は脱毛方法についての説明がありますので、施術内容はよく理解しておきたいですし、前処理はどうするのかも確認しておきたいところです。まず、ワックスを利用する場合などは毛を伸ばしておかないときれいに処理することはできません。

沖縄の全身脱毛についての知識を高めてもらうためのサイトです。

ところが、レーザーや光を利用する場合は、あらかじめムダ毛は剃っておかないと脱毛がうまくいきません。


レーザー、光は黒い部分に反応しますので、ムダ毛が肌の表面に出ていると、十分な効果が得られなかったり、火傷などのトラブルが起きやすくなります。

それゆえに全身脱毛の前処理としてはあらかじめ自宅でシェービングを済ませておく必要があります。


手の届きにくい部分などはサロンやクリニックで処理してもらうと良いでしょう。

その後はクリニックやサロンでの前処理が行われますが、まずは照射に問題がないか肌のチェックが行なわれ、その後に専用のジェルやローションを塗ることとなります。
その後は照射が行なわれ、ジェルやローションは拭きとり、クーリングしてスキンケアが行なわれます。

脱毛を成功させるためには前処理をしっかり行なうことが大事ですので、自宅でのシェービングは正しく行い、肌の状態を良く保つためにも普段からスキンケアも丁寧に行なっておきましょう。現在ブームの光脱毛、光を当てるだけとその方法も簡単なことから、気軽に試す女性も増えています。

気になる一部を脱毛してきれいになると、他の部分もきれいにしたくなる人がほとんどのことから、最初から全身脱毛に申し込む女性も多いようです。

全身となると気になるのが前処理です。


光脱毛の光は黒い色に反応することからムダ毛が伸びたままでは伸びた部分に反応してやけどなどの肌トラブルの恐れがあるので、前日までにシェービングする必要があります。

ただ、ここで問題が背中など手の届かない部分のシェービングです。
自分で前処理が無理な部分はシェービングしてもらえるのでしょうか。

もちろん背中など自分では絶対に無理な部分は、基本的にどのサロンでも無料でシェービングしてもらえるようなのであまり気にすることはありません。
ただ、背中は見えないのでニキビがあるのに気付いていないこともあるでしょう。
ニキビがひどいと施術できない可能性もあるので、全身脱毛の前には合わせ鏡などをして見えない部分もチェックしておくといいでしょう。

手の届く部分の前処理に関しては剃り残しがあると照射してもらえない、有料もしくは無料でシェービングして照射してもらう、その部分を避けての照射のいずれかになります。
自分で剃って肌がボロボロでは仕方ないですが、できれば全身脱毛の前には自分で最低限できる範囲はシェービングした方が照射の時間を長くとれて、時間を有効活用できます。

Copyright (C) 2016 全身脱毛を利用するときの注意点には何があるか All Rights Reserved.