生理の日に全身脱毛がNGな理由

バナー

生理の日に全身脱毛がNGな理由

生理の日は全身脱毛の施術は避けるべきと言われています。

その理由はいつもより肌が敏感になっているからです。

というのは生理中はいつもより体温が低い状態、つまり血流が悪くなるので肌に必要な酸素や栄養素が行き渡らなくなり、肌が乾燥します。
乾燥をすると肌は外部刺激に対してのバリア機能が低下し、刺激に敏感な肌になるからです。


サロンやクリニックでは黒い色だけに反応する光を使って毛母細胞だけにダメージを与え、毛の再生を阻む方法でお手入れを進めます。
普段なら照射後もきちんとした保湿ケアをすることで特にトラブルは起こらなくても、この時期に行うことで痒みや赤みなどの肌トラブルが起こる可能性が高まるのです。

それに生理中には精神的にもイライラしたり落ち込んだりすることも多いので、この時期に全身脱毛の施術は受けない方がいいのです。
全身脱毛は長期スパンで行うので予約のスケジューリングが肝になります。生理日を避け、しかも自分の都合のいい日を予約となると人気サロンではなかなかベストなスケジュールで予約できないことが多いのです。


そこを何とか工面して予約をするしかないのが現状なのです。ただ、サロンによってはVIO以外であれば生理中の全身脱毛の施術も自己責任でよしとするところもあります。


忙しくてなかなか予定がつかない方などは受けてみるという方法もあります。

ただ、自分では気付かずとも肌がデリケートなので、普段よりも入念な保湿ケアをするべきです。

エステサロンなどでは体調面を配慮して生理中は施行できないという規約があり、生理中はできないというサービスがいくつかあります。

では、脱毛を始めとした全身脱毛は整理中も利用することができるのかと言われると、サロンやクリニックによって規約が異なっている部分はありますが基本的には施行することが可能となっています。
と言うのも、生理はあくまで陰部周辺の問題となりますし、全身的に施行を行う全身脱毛であってもそこまで体調面に影響を与えるわけではないので、基本的には禁止事項になっていないというのが理由です。なので気にせずに利用することができますが、だからと言って何も問題がないかと言うと実際にはそうではないというのが問題になります。


と言うのも、生理中はホルモンの影響のためか通常よりも施行に対しての痛みを感じやすくなっており、普段は痛みを感じない部分にも痛みを感じることがあると言われています。
これはホルモンの影響で皮膚が敏感になりやすくなっているためだとされており、そのために皮膚に赤みが出やすくなるということもあるため注意が必要です。


また、全身脱毛のコースの中にはデリケートゾーンの施行が組み込まれていることもありますが、生理中は当然デリケートゾーンの施行はできません。

そのためデリケートゾーンの施行のみ遅れてしまうということもあるため、コースによっては施行を控えておいた方がいいという場合もあることは事実のようです。

体のあちこちに生えているムダ毛を処理して貰う事が出来る便利なサービスが脱毛サービスですが、体の一部の範囲のみのムダ毛を処理して貰うとなると、処理して貰いたい部分が多い方は沢山のサービスを利用する事になるのでとても手間がかかってしまいます。


勿論費用もサービスを利用した分だけ発生してしまうので、あれこれサービスを利用しているとかなり費用が発生してしまう場合も多いです。

全ての範囲のムダ毛を処理して貰うのなら、全身脱毛サービスが便利でお得です。
全身脱毛サービスとは、名前の通り狭い範囲では無く、体に生えている全てのムダ毛を処理して貰う事が出来るサービスです。


沢山サービスを利用する手間がかからないので、処理して貰いたいムダ毛が生えている部分が多いという方でも、手間をかけずに気軽に一つのサービスを利用するだけで処理して貰う事が出来るようになります。


サービスをあれこれ利用していると発生する費用も増えますが、全身脱毛サービスは全体のムダ毛を処理するサービスなので、価格もあれこれサービスを利用するよりも、安くお得に設定されている所が多いので、余計な費用は発生させずにお得にサービスを利用する事が出来ます。



費用面で見てもお得なサービスです。

全身脱毛サービスを行っているお店は複数あるので、更にお得に全身脱毛サービスを利用したい場合はサービスの利用料金を比較をして、一番安いと思った所を選ぶようにするようにしましょう。



全身脱毛とは名前の通り全身のパーツをまとめて脱毛することができるコースであり、いずれのサロンやクリニックでもコースとして組み込まれている人気のコースのひとつです。



部分脱毛よりもお得に利用することができるほか、気になっている部分をまとめてきれいにすることができるとして多くの女性が利用しています。

ただ、実は全身脱毛は全身全てのパーツを脱毛することができるというわけではなく、サロンやクリニックによって実施されている範囲は微妙に異なっています。


と言うのも、サロンやクリニックによって設定できる範囲は自由になっているため、ある程度人気となっている定番の場所以外は店側が自由に設定することができるようになっているわけです。
基本的に全身脱毛で利用することができる範囲としては顔・脇・腕・背中・おなか・脚・指・VIOライン(デリケートゾーン)となっており、いずれのサロンやクリニックでもこの範囲が施行されています。

これらのパーツは人気の部位であることが多いため、人気の部位をまとめて脱毛することができるという意味では非常に利用されることが多いようです。
そしてこれらの中でも特に脚などは膝が範囲に入っているかどうかなど、細かい部分での違いが注目を集めています。

と言うのも、細かなパーツに関しては全身脱毛で利用できるかどうかが一番分かれている部分となっているので、事前にどこまでが施行されるようになっているのかを確認しておくことが大切になります。

Copyright (C) 2016 生理の日に全身脱毛がNGな理由 All Rights Reserved.